プロフィール


木下 貴代美

Kiyomi Kinoshita

 

私がヨガを始めたのは、まだシステムエンジニアをしていた頃でした。

エンジニア時代は、忙しい、ストレス、運動不足の三拍子で、

周りは精神的にも大丈夫かなと思うような人も多かったですし、

実際辞めていく人も沢山いました。

 

私自身もメニエール病や突発性難聴になり、思い悩んでいました。

 

そんな中、家で気軽にできそうだったのと、ものすごく体が硬かったので、

少しでも柔らかくなればいいなという思いからヨガを始めました。

 

ヨガをはじめてから、

心もすっきりして、ストレスとも向き合えるようになり、

何より体調がとてもよくなりました。

そして、夜型だった私が朝すっきり起きれるようになりました。

 

ヨガのおかげかわかりませんが、貧血も治ってしまいました!

 

今度は、このヨガで悩み苦しんでいる人たちを、

心と身体が少しでも軽くなってもらえるように伝えていこうと

決心して今に至ります。

 

取得資格

  RYT200(全米ヨガアライアンス200時間)

  IHTA ヨガインストラクター2級

  IHTA 小顔フェイシャルヨガインストラクター(顔ヨガ)

  JPA 心理カウンセラー基礎

  Sun Certified Programmer for the Java 2 Platform 1.4

  ORACLE MASTER Silver Oracle Database 11g

 

メッセージ


ひと息つきませんか?
リラックスモードにうまく切り替えられていますか?

いざ休もうと思ってもリラックスできない、

朝スッキリしない、

疲れが取れない・・・
そんなときありませんか?

仕事や家事からのストレスや考え事、スマホやパソコンを長時間使用する事で
無意識のうちに頭や体に力が入ってしまい、いざリラックスしようとしても
うまく切り替えることが出来なくなっています。

ヨガは、普段意識していない呼吸や自分の心、体に意識を向け
心と身体の緊張をほどき、深い癒しをもたらします。
リラックスできると、人にも自分にも優しくなり
自然に笑顔があふれ、自信にもつながっていきます。

 

体が柔らかくないとできない、ポーズが上手くできそうにない、
学生の時以来運動していないからできない、と思っていませんか?


ヨガは、本来の自分と向き合う時間を持つこと。
体が硬いとかポーズが上手くできないとか関係ありません。
自分の今できることに意識を向け、気付く事が大切です。

私たちは、常に呼吸しており、一日に2万回以上呼吸していると言われています。
しかし、普段の生活の中では、呼吸に意識を向けることは、
ほとんどなく、無意識に行う呼吸は、浅くなりやすいです。
意識して深い呼吸をするだけで、心と身体に少し変化を感じられると思います。
イラっとした時に、深い呼吸をしてみて下さい。


少し落ち着きませんか?


いやな上司に嫌味を言われた。電車で足を踏まれた etc...
イライラしてしまう場面は、色々あります。


そんな時に深い呼吸をしてみる。
少し落ち着いたら、次に発する言葉が違ってくるのではないでしょうか?


そう!? これもヨガです。
ヨガは、思いのほか身近にあります。

ヨガを始めてみませんか?